びっくり

ネイリストが客の爪に浮かぶ黒い線を見てすぐ病院に行くよう告げた理由!

ネイリストの忠告

とあるお客さんが、

ジーン・スキナーさんのネイルサロンへ来店しました。

その人の爪には、

黒い線がまっすぐ垂直に入っていました。

お客さんの要望は、

「この黒い線を隠す為、濃い色を塗って欲しい」

というものです。

ネイルサロンによってその判断基準はまちまちで、

カルシウムが足りないせいだという人や、

ご両親からの遺伝的なもの、

血豆だと言った人もいるようです。

しかし今回の場合は、

黒色腫(メラノーマ)と呼ばれる病気だとジーンさんが気付き、

すぐに病院へ行くようお客様に伝えました。



黒色腫

そして病院に行ったお客様からの連絡によると、

やはりあれは黒色腫だったとの事でした。

更にとても進行の早いタイプで、

診断時にはすでにリンパ節にまで、

範囲が広がっていたそうです。

爪の異常は大抵問題ない事が多いですが、

まれに深刻な病気である時もあるのです。

早めに分かれば早めの処置ができるので、

自分で注意を払う事が難しい人たちの、

爪の基礎部分も気を付けてあげて下さい。

写真みたいな黒い線を見つけたら、

すぐにお医者さんへご相談下さい。