びっくり

さかなクンが伝授する、縁日で捕まえた金魚を長生きさせる3つの裏ワザ!

魚と言えばその知識で有名な「さかなクン」が、

東京スカイツリータウン(R)すみだ水族館のイベントで、金魚教室を開きました。

そこで「金魚を長生きさせる方法」を伝授したそうです。

1、2匹だけ

魚類研究家で東京海洋大学名誉博士・客員准教授の肩書きを持つさかなクンですが、

飾らない人柄で楽しくみなさんに3つの事を伝えました。

金魚すくいで1匹もすくえないと悲しいですが、たくさん捕れたら楽しいですね。

すくった数を持ち帰るとかなり得をした気分になりますが、

大量に持ち帰ると金魚が弱りやすくなるそうです。

すくったうちの元気そうな金魚1、2匹だけを持ち帰るのが望ましいそうです。

残りは返してあげましょう。



2、バシャバシャと振る

金魚も生きるためには空気が必要です。

金魚を持ち帰る袋の水を水槽に入れる前にバシャバシャと振れば、

水の中に空気を含ませることが出来るそうです。

3、ぬるめの水

金魚が死んでしまう原因の1つは、急激な水温の変化です。

金魚すくいの水は結構ぬるめなので、自宅の水槽もそれに合わせてぬるめにします。

持ち帰ったら袋に入ったまま水槽に入れ、

温度が馴染んでから水槽に放すと金魚の負担になりません。

金魚を持って帰ってもすぐに死んで子供がかわいそうだと、

金魚すくいを避けている方も多いのでは?

このさかなクンのアドバイスで、小さな金魚を大きく育ててみましょう!