おもしろ

もしも水戸黄門に登場する人々がTwitterをやったら・・・

Twitterにはbotという、本人ではないけれど本人のようにつぶやいたり、

その人の名言をつぶやいたりする空想のアカウントがあります。

そのアカウントは実際に存在する有名人や、アニメのキャラクターなど様々です。

中には織田信長などの歴史上の偉人たちも居ます。

そんな中、Twitterユーザーの@muroyamuronさんが、

Twitterを模した創作画像を投稿しました。

それは、「もしも水戸黄門がTwitterをやっていたら?」というもの。

実際にあり得そうな投稿の画像に、見た人たちは笑いが止まりません。

水戸黄門

「この紋所が目に入らぬか!」のセリフでおなじみの、

日本国民であれば誰もが知っている時代劇『水戸黄門』。

その水戸黄門に登場する人たちが、

「Twitterをやっていたら?」という画像が話題になりました。

この画像に登場するのは、

水戸光圀、助さん、格さん、お代官様になぜかうっかり八兵衛も。

このTwitter風画像、ご隠居や悪代官様のIDにも凝っています。


悪代官様は「cyoiwaru_daikann(チョイワル代官)」、

ご隠居にコメントしている農民たちも「noumin1」や

「nitumotsu_hakobi(荷物運び)」など、アカウント名に沿ったIDになっています。

ちなみに助さん格さんは「suke」「kaku」ではなく、

「sukeeeee」と「kakuuuuu」という、

IDが被ってしまった時に一番簡単なID被りを解消する方法です。

ただのkakuなどにせずにkakuuuuuにすることで、さらにリアリティが出ていますね。



ネットの反応

まるで本物のようなツイート画像を見た人たちからは、

多くのコメントが寄せられました。


本当に水戸黄門のアカウントがあれば、人気になること間違いなしですね。

ツイートを締めたのが、オチ要員のうっかり八兵衛と言うのも面白かったです。

記事が気に入ったらツイートしてね♪