びっくり

卵を1日2個食べると起こる9つの変化!4つ目は特に信じられない・・・

お菓子や料理で大活躍の卵ですが、

「毎日食べるとコレステロール値が上がる」というイメージはありませんか?

このような卵の不健康説には、科学的な根拠はないのです。

最近では、1日に2~3個食べると身体に良いという説もあるのです。

そこで、卵が身体に良い9つの理由をご紹介します。

1、心臓や血管

コレステロールは、心臓や血管の病気を誘発します。

卵には400mgのコレステロールが含まれていますが、

実はコレステロールの高い食材を食べても体内の値が上昇するわけではないそうです。

食べ物から直接血液中に溶けだすコレステロールは、

わずか3分の1だという研究結果もあります。

そもそも、コレステロールは体内で作り出す成分なのです。

卵には血液中のトリアシルグリセロール(循環器系疾患を引き起こす物質)を下げる

「オメガ3脂肪酸」が含まれており、

毎日食べることで心臓や血管のリスクを下げる効果があるのです。

2、胎児の先天性異常

卵には、1個に付き0.0007mgのビタミンB9(葉酸)が含まれています。

妊婦さんにこの栄養が不足すると、胎児に脊髄や脳の奇形を生じる可能性があるそうです。

妊婦さんは定期的に卵を食べると、大きなメリットを受けられます。

3、乳がんの発症

卵には女性ホルモンの一種、エストロゲンと結合する効果が認められています。

このエストロゲンの上昇が乳がんを引き起こす一因の1つなのだとか。

その要因と結合する卵が乳がんの予防に効果を発揮するのです。

4、アンチエイジング効果

フリーレンジ卵(放し飼いの鶏卵)を食べると加齢を遅らせ、

皮膚がんも予防できるそうです。

卵にはカルテノイド(抗酸化作用成分)が入っているとされています。

この成分は人体では生成できず、食事から摂取する必要があります。

また卵に火を通すことによって、カルテノイドの量が増えるそうです。



5、肌や髪・肝臓

卵にはビタミンB12やビオチン、タンパク質という栄養素が豊富に含まれています。

これらの成分は健康的な髪や肌に欠かせないものです。

黄身のタンパク質と硫黄結合物質には、痛んだ髪を蘇らせる効果があるとされています。

また、レシチンと呼ばれる成分が腸の調子を整え、

肝臓機能もサポートしてくれるそうです。

6、ダイエット効果

卵は、血糖値上昇の原因であるGI値が「ゼロ」です。

卵のタンパク質は消化にエネルギーが必要とされるため、ダイエットには最適です。

7、目の健康

卵にはビタミンA(目の光への適応力)、

ルテイン・ゼアキサンチン(色覚を強化し、遊離基による攻撃から保護)という、

目に良い栄養素が豊富に含まれています。

卵を食べることによって、加齢黄斑変性症や白内障を予防することができます。

8、脳の健康

卵に含まれるコリンという栄養素は、神経伝達物質のアセチルコリンという物質にかわり、

脳と神経システムを繋ぐ役割をします。

コリンが不足すると記憶力の低下、胎児の早産や未熟の原因にもなるそうです。

1日2個で、充分な量のコリンが摂取できます。

9、骨の健康

卵には、カルシウムにとって大切なビタミンDが含まれています。

カルシウムとタンパク質がお互いに作用してカルシウムのレベルを維持し、

骨の新陳代謝を健康な状態に保つと言われています。

卵にはタンパク質も豊富に含まれていますね。

いかがでしたか?

卵は身体に良い事はわかりましたが、

フリーレンジで飼われた卵を選ぶことが望ましいようです。

また糖尿病や心臓病などを患っている方は、

医師と相談の上で卵を摂取しましょう。