かわいい

南極でゴロゴロしていたら子ペンギンが接近➡︎好奇心旺盛な様子がかわいい!

子ペンギン接近

アメリカに住むジョエル・オルソンさんが、

友人と一緒に南極へ旅行に行った時のこと。

大迫力の氷河を目の当たりにし、大きなゾウアザラシも見ましたが、

その中でも一番の思い出になった事があります。

南極には雪や氷がない露岩地域があります。

そこで寝そべって、南極の日光浴をしていたオルソンさんをのぞき込む、

かわいらしい生き物が出現。

それはペンギンのヒナでした。



好奇心旺盛

オルソンさんとお友達のみなさんも、とても素敵な体験をしました。

親ペンギンは警戒心が強く、人間に近寄る事は滅多にないそうです。

人間の子供もそうですが、子供は好奇心の塊だからこそ、

こんな体験ができたのでしょう。

ペンギンはある程度大きくなると、

親が魚を捕りに行っている間に、子どもが集団でいる事があります。

そんなペンギン幼稚園のお散歩に遭遇したのですね。

オルソンさんはこの子ペンギンとの思い出が、一番忘れられないそうです。