びっくり

「食器棚は絶対に…」大震災を経験した義母と母から教わった豆知識で大助かり!

大阪地震

2018年に大阪の北部で、

震度6弱という大きな地震が発生しました。

小学校のブロック塀が倒壊したり、

建物の一部が損壊するなど、

大きな被害が頻発しました。

Twitterユーザーのすいら(@suirasan_kudoP)さんも、

この地震を経験したそうです。

また、すいらさんの義理のお母様と実のお母様も、

阪神淡路大震災を経験しています。

その経験から気付いた、

地震にまつわるアドバイスを受けていたすいらさんは、

言われた通りのことを実践していました。

それが今回の震災にとても役立ったとのこと。



食器棚は絶対に…

「食器棚はスライド式にしなさい!」

すいらさんは義理のお母様と実のお母様から、

このようなアドバイスを受けていました。

地震は大きければ大きいほど、

家具などの大きな物も揺らぎます。

家具そのものをきちんと固定していたとしても、

中身は右へ左へと動いてしまう場合もあります。

食器棚の種類はいろいろありますが、

観音開き式だと揺れでドアが開いてしまうことがあります。


しかしスライド式の場合は、

食器が揺れで飛び出すことを防いでくれます。

これにより食器が割れずに済むだけではなく、

破片で足を怪我する危険も減らすことができるのです。

震災経験者の2人だからこそ知っている知識が、

実際に役立ってとても感動したようです。

流石に食器が少しも動かないということはなかったものの、

割れたりはしませんでした。

ネットの反応

食器棚をスライド式にすれば、

絶対に安全だと言い切ることはできません。

ただ、普段から震災への備えや対策をしておくことで、

被災した時に被害を最小限に抑えることができます。

投稿を見た人たちからは、

共感する声が多数上がっています。

また、

扉が開きにくくなるグッズなども販売されているので、

スライド式以外の食器棚を使用している人は、

購入しておいた方が良いでしょう。