びっくり

競技開始直前に忘れ物発覚→周りから無視され、ピンチだった選手を救った日本人!

アメリカのソルトレイクシティで、

2002年に冬季オリンピックが行われました。

この頃アメリカでは、

2001年に発生した同時多発テロの影響で、

全空港で厳戒態勢が敷かれるようになりました。

それに伴い国内外を問わず、

誰に対しても厳重な身体・荷物検査をするようになりました。



サーシャ・コーエンのタイツ

アメリカのフィギュアスケート選手である、

サーシャ・コーエンさんはその荷物検査をした際、

競技用のタイツをうっかり空港に置き忘れる、

という取り返しのつかないミスをしてしまいます。

テロの影響による厳戒態勢の中での手荷物検査。

カバンの中身を全部出してのチェックの後に、

タイツを置き忘れてしまっていたのです。

コーエン選手がそのことに気づいたのは、

なんと競技が始まる直前。

彼女は周りの選手に事情を説明し、

タイツを貸してほしいと頼みますが、

本番前でピリピリしている選手たちは、

まともに相手などしてくれません。

そんな中、

コーエン選手の頼みを快く聞き入れてくれたのが、

当時女子フィギュアスケート日本代表だった、

村主章枝(すぐりふみえ)選手だったのです。

村主章枝の神対応

村主選手も他の選手と同じく、

緊張してコーエン選手に気を配る余裕はなかったはず。

それでも村主選手はコーエン選手を気遣い、

タイツを貸して彼女の危機を救います。

演技を無事に終えて発表された競技の結果は、

サーシャ・コーエン選手が4位、

村主章枝選手が5位でした。

このエピソードは、

たとえ結果が1番の舞台であったとしても、

困っている人がいたら迷わず手を差し伸べる大切さを、

教えてくれているような気がしますね。