かわいい

昼食時に必ず食べ物をもらいに来るスズメ➡︎最初は鬱陶しかったが・・・

昼食をもらいに来るツバメ

ある男性が、街の一角にある静かな食堂のテラスで食事をしていた時のことです。

静かな環境を気に入った男性は、毎日この食堂に通うことにしました。

しかし、鳥が食事中に入って来るのを煩わしく思っていました。

環境が静かなせいもあり、このテラスにはしばしば小鳥が入ってくるとか。

男性客は、ランチを小鳥に取られないように追い払っていたそうです。

しかし残暑の厳しい9月のある日、そのスズメを見てある事に気が付きました。

そのスズメには、羽根の部分が少し禿げている特徴があったのです。

毎日来ていたのは同じ小鳥でした。

このことに気づいてから、スズメを追い払うことに申し訳ない気持ちになり、

それからは食べ終わった皿をスズメにつつかせることにしたのです。



スズメのバルディー

男性はこのスズメに「バルディー」という名前を付け、

密かに会えるのを楽しみにするようになったそうです。

男性が食堂に行くと、そこには必ずバルディーが待っていました。

こうして、一緒に食事をするのが日課になっていったのです。

バルディーはランチを済ませた後、男性とくつろいでいるそうです。

ランチを1人で静かに過ごしたかった男性は、静かな可愛い友人と出会えました。

そしてバルディーと会えることを楽しみにする自分が、

とても可笑しく思えたそうです。

素敵なランチの時間が羨ましいですね。