びっくり

認知症の人がスプーン2杯分のココナッツオイルを60日間食べ続けた結果…!

ココナッツオイル

医学博士のメアリー・ニューポートさんによれば、

認知症を予防・改善する効果が、

ココナッツオイルにあるとのこと。

彼女の旦那様であるスティーブさんが、

若年性アルツハイマーになった事をきっかけに、

メアリーさんは認知症に関する調査と研究を始めます。

スティーブさんの症状は日を追う毎に酷くなり、

意思決定の力や生活能力を失うまでに悪化していました。

メアリーさんは彼を介護しつつ、

最適な治療法を探し続けました。

そんなある日、

彼女は医療食品のプレスリリースで、

アルツハイマー病の進行を抑える可能性が中鎖脂肪酸

「AC-1202」にあるという話を知りました。

ケトン体

アルツハイマー病などの、

神経変性疾患を改善するのに有効なのは、

「ケトン体」を増やす食事だという事が、

記載されていました。

ケトン体はブドウ糖の代わりに、

脳のエネルギー源になるとされています。

低炭水化物の食事と中鎖脂肪酸の摂取で、

ケトン体を大量に増やしアルツハイマー病など、

脳神経系の病気の進行を抑えられる、

という説明がありました。

04 12 12_Coconut Oil Biscuits_0217

メアリーさんは早速、

中鎖脂肪酸が含まれているココナッツオイルを、

毎日スティーブさんに大さじ2杯半食べさせました。

するとわずか数日で体の震えが止まり、

表情に生気が戻ったそうです。

60日後の彼は、

たまに言葉を忘れることがあるものの、

思考力が向上してジョークを言ったり、

昔忘れていた人の顔も思い出せるようになりました。

食事療法を始めて1年後、

スティーブさんはすっかり別人になっていたそうです。



アルツハイマー病の治療法

発症前の脳を取り戻した訳ではありません。

しかしアルツハイマー病の進行を、

かなり遅らせる事ができたのは事実です。

これについてメアリーさんは、

次のように話します。

「脳での生理学的変化や機能低下は、アルツハイマー病の症状が現れる10~20年前から始まっています。その為できるだけ早い段階から中鎖脂肪酸の摂取をスタートし、できれば毎日食べ続けることが重要だと考えます」

メアリーさんが2008年に公開した、

アルツハイマー病の治療法について、

まとめたレポートはネットを通して広まりました。

今もなお研究は様々な形で進められていますが、

多くの人々は中鎖脂肪酸を、

食事へ取り入れるようになったそうです。

メアリーさんは書籍も出版しており、

日本語にも訳されています。

この発見が将来的に認知症患者たちと、

その家族の希望となると良いですね。