びっくり

警視庁が呼びかける、災害に備えたガムテープの使い方と保管方法がこちら!

災害時のガムテープの使い方

警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)の公式Twitterが、

ガムテープの災害時の使い方と保管方法について紹介しました。

災害時にガムテープを活用する方法として紹介されたのは、以下の2つ。

・骨折時の添え木の固定や、三角巾の代わりに活用する方法

・油性ペンで文字を書くことで、丈夫なメモとして利用できる

ちなみに油性ペンで文字を書いたガムテープは、

その粘着力を利用して自宅の壁などに貼り付ければ、

家族や救助に来た人に居場所を伝えることもできます。

さらに、清潔な布を傷口に当ててその上からガムテープを貼れば、

止血することも可能です。

工夫一つで様々なことに使えるガムテープは、災害時の強い味方ですね。

そんな便利なガムテープですが、そのドーナツ状の形状からとかくかさばりがちで、

持ち歩きには向きませんよね。

そんなガムテープが、かさばらなくなる方法があります。



ガムテープの保管方法

ガムテープをかさばらせることなく持ち歩く方法。

それはガムテープの芯を取り除き、折りたたむというものです。

まずはガムテープを上から体重をかけて潰します。

1回だけでは芯が取れないので、何度か潰して芯とテープの間に隙間を作ります。

芯とテープの間に出来た隙間に指を入れ、隙間をさらに広げて芯を取り除きます。

最後に折りたたみ、ガムテープを輪ゴムで留めれば完成です。


ガムテープをコンパクトにするのに時間はそれほどかかりませんが、

ガムテープを潰すのはかなり力がいります。

芯とガムテープの間に隙間を作る際は力のある人にお願いすると、

簡単に持ち運び用のガムテープが作れるでしょう。

いつ起こるかわからない災害に備えて、

通勤カバンの中などにガムテープを忍ばせておいてはいかがでしょうか?